Home » 福本博文 福本会館 館長

福本博文 福本会館 館長福本会館空手道場(公式HP) – フルコンタクトカラテ教室

福本博文福本会館 館長

福本博文 福本会館空手道場 館長

福本博文(ふくもと ひろふみ)

範士九段
福本会館 館長
NPO法人新国際空手古武道連盟顧問
九州実戦空手道連盟 極會相談役
福岡県フルコンタクト空手道連盟副理事長
公益社団法人 全日本フルコンタクト空手道連盟 正会員
NPO法人 空手道POINT&KOルール協会 賛助会員

【プロフィール】
1958年12月12日、福岡県鞍手町生まれ。高校入学後空手部に入り、主将となり日本空手協会初段を取るが、実戦空手に憧れ17歳で北九州市に総本部を構える養秀会空手の支部に入門。高校卒業後、同会を離れ21歳で自宅近くの公民館にて空手教室を開設。会社勤めをしながら空手に精進し、第12回極真全日本大会に出場したり、日中友好福岡県青年の船の空手部長として中国で演武後の23歳で養秀会に再入門、同主催の全日本実戦空手選手権大会に出場、翌年には三位に食い込み、演武試合にて定評がある試し割で優勝。

1988年に常設道場の福本会館を建設し、館長就任と同時に師範号取得。40歳にて養秀会副会長に就任、フジモリ元ペルー大統領日本滞在時に2度ボディーガードを務める。2003年には「やんちゃ先生一代記」の著書出版。その後、同志と退会して新国際空手古武道連盟を創設、県知事認可のNPO法人化に尽力して初代理事長に就任。この時代に福岡県北部大会や北部九州大会 更には日韓武道交流大会と次々に開催して大盛況にて成果を収め、これまでに中国・韓国・米国へ海外遠征している。

35歳から48歳までの13年間に鞍手町議会議員として政治に活躍し福岡県内最年少副議長も経験するが、退任後は会社役員として事業に専念、同時期に理事長も勇退し、第一線から身を引いて連盟顧問となり、後進の指導と育成やマネージメントに徹し、現在までに1,500名以上の門下生を輩出している。
2012年にNPO法人・新国際空手古武道連盟より範士九段を允許される。
2013年に統一組織の全日本フルコンタクト空手道連盟発足に第一期正会員として参画する。

2015年に福岡県フルコンタクト空手道連盟発足に参画し副理事長に就任する。

2019年に九州実戦空手道連盟 極會相談役に就任する。

福本博文『やんちゃ先生一代記」

「著者の破天荒な生きざまに、常に一貫した想像・夢・師弟愛。
今ある政治家・福本氏の奥底を覗き感動を憶える。生涯『やんちゃ先生』に大いなる期待を・・・」
麻生太郎(元首相)

福本博文バット割り1

福本博文バット割り1
野球バット6本折り

福本博文

福本博文 氷割り
氷柱6枚割り

日韓武道交流大会
日韓武道交流大会開催

北部九州青少年フルコンタクト空手道大会
H18年9月 北部九州青少年フルコンタクト空手道大会 入賞者
福本会館主管 鞍手町立体育館にて

福本博文 フジモリ元ペルー大統領 麻生太郎
フジモリ元ペルー大統領のボディーガード          1994〜2007年 鞍手町議会議員

福本博文 麻生太郎先生と
麻生太郎元首相と大臣執務室にて

全日本フルコンタクト空手道連盟正会員
2013年 公益社団法人 全日本フルコンタクト空手道連盟の設立総会にて
(二列目中央が福本博文館長 品川プリンスホテルにて記者会見)

福本博文

2015年
DSC_0040

fffffa

2015年 記念撮影
DSC_0034


福岡県フルコンタクト空手道連盟総会


左から第6回、10回世界空手道大会チャンピオン
塚本徳巨師範

福本博文館長先生

第26回全九州大会一般上級優勝
第30回全日本ウエイト制大会
重量級 亀山真指導員

第4回カラテワールドカップ重量級日本代表
第30回全日本ウエイト制大会
中量級第3位
渡辺大士指導員


白蓮会館総帥 杉原正康先生と福本博文館長先生


2018年12月2日 昇級昇段審査会にて


2019年7月21日 参段昇段審査会にて

ページトップへ戻る

福本博文館長 著書

Sponsored by

Copyright(c) 2013 福本会館空手道場(公式HP) – フルコンタクトカラテ教室 All Rights Reserved.